こちらは2017年12月以降の2PG-MP38FKノンステップバスを紹介です。↓▼へ
◎更新内容◎
2021/9/1…平塚(ひ145・ひ165)、相模原(さ39 QKG-)をアップです。

2021/8/12…藤沢(ふ4)
2021/7/23…藤77系統を走る藤沢車(ふ4)
2021/5/19…多摩(た7)
2021/5/9…舞岡(お60)

2017年12月  2018年('17年度)  2018年5月〜  2019年  2020年 

フラワーNew!
2021.9.1 Tweet
シェア
ひ165 2PG-MP38FK ひ165 東京2020 ひ165 豊洲市場 さ39 QKG-MP38FK さ39 パラリンピック ひ145 豊洲市場
QKG-MP38FK/2PG-MP38FK(ひ145・ひ165・さ39)です。
東京2020パラリンピックの選手や大会関係者輸送では多くの事業者が遠征していますが、神奈中からは平塚の「ひ145・ひ165」、相模原からは「さ39・さ45」号車の計4台が運行されました。
写真は江東区の豊洲大橋等をバックに豊洲市場付近を走る姿で、普段と異なる光景が展開されました。撮影 佐藤雄紀様








2017
2017.12.10
ひ99 ひ99 ひ99 降車チャイム−STOP
2017年12月投入の2PG-MP38FK(ひ99)です。
今年8月以来の増備となるエアロスターは、今回から10月に発売された平成28年排出ガス規制適合仕様となりました。
基本デザインはこれまでのMP38系と大差ありませんが、屋根上のデンソー製クーラーの形状が変更されたため見分けは比較的容易です。
排ガス記号はISS(アイドリングストップ&スタートシステム)の作動仕様を「自動戻り」を選択し2PG-となっています(平成27年度重量車燃費基準+5%を達成)。
足回りは引き続き直6の199kW(270PS)の6M60(T2)型エンジンを搭載し6速AT仕様です。
車内では降車ボタンに「STOP」の英語表記が追加されました(いすゞも)。

2018.2.12
も169 2017年12月投入の2PG-MP38FK(も169)です。
橋本は12月に3台、翌1月にも2台が増備されています。
撮影 MP38様

2018.12.8
よ19 2017年12月投入の2PG-MP38FK(よ19)です。
横浜への2017年式2PG-代はこの月に「よ1・よ19」の2台が初投入されました。引き続き中ドアのLED照射灯はドア直上に装備しています。
白色LED化が進むため、黄色LEDによる横浜の2PG-も短期間で見納めとなりそうでしょうか。
撮影 GON様



2018年(2017年度)
2018.1.30
た16た16 2018年1月投入の2PG-MP38FK(た16)です。
2PG-代エアロスターは12月から投入され早くも30台に到達していますが、多摩は初となりQKG-の2016年6月以来のエアロスター新車となりました。
この多摩車に関しては東京2020オリンピックナンバーが採用され「八王子230あ16」社番数字と同じナンバーが選択されています。
このナンバーは12月に神奈中公式Facebookにて空港リムジンのほか、大会開催地となる東京都内や横浜市の中心部を運行する乗合バスの一部に順次導入と明言されていますので今後も増えるものと思われます。
撮影 わんたろう様

2018.1.30
や22 2018年1月投入の2PG-MP38FK(や22)です。
大和は12月にも「や20」が入っており2PG-代は2台目の投入となりました。
撮影 リムジン様

2018.3.18
ひ108 2018年2月投入の2PG-MP38FK(ひ108)です。
12月から入り始めた2PG-代は早くも50台目前にまで増えてきましたが、中でも平塚は最多の15台にまで増え続けています。
平塚のMP38自体もQKG-代が47台と数が多いので、平塚全体の3割をMP38が占めるまでに増えました。
撮影 リムジン様

2019.3.3
ひ51 2018年2月投入の2PG-MP38FK(ひ51)で、
手入れが行き届いておりいつも美しい車体に磨き上げられている印象の車です。撮影 ふみかい様

2018.4.2
た17 2018年3月投入の2PG-MP38FK(た17)です。
1月に入った「た16」に続いて多摩2台目となる2PG-代エアロスターで、
やはり今回もオリンピックナンバーが選択されたため自動的に希望ナンバーとなっています。
撮影 わんたろう様




2018年  ☆ホイールハブ黒塗り、車外スピーカ1ヶ所へ集約

2018.6.29
た41 た41 た51 た51
お114
2018年6月投入の2PG-MP38FK(た41・た51)です。
2018年度の新車は5月の舞岡向け2台を皮切りに、6月も舞岡・戸塚・平塚・多摩へと各2台ずつが増備されています。
今回からタイヤホイールハブが標準の黒塗り仕様となったのが外観上の目立った変更点でしょうか。
また、前後タイヤハウス上へ各1つずつ設けられていた車外スピーカが、中ドアの左側1ヶ所のみとなりました。
中乗り仕様と思われ、前乗りの舞岡向け新車のスピーカは前ドア寄りへ移されこちらも1つのみとなりました(写真は「お114」)。
撮影 わんたろう様

2018.8.11
お114 2018年5月投入の2PG-MP38FK(お114)です。
舞岡は5月に今年度のトップを切って納車が始まり8月にかけ毎月増備も進み7台が配属されています。
やはりタイヤホイールハブが標準の黒塗り仕様となっていますが、
前乗り仕様は車外スピーカーの位置が前ドア寄りへ移設され、1個のみへと集約されています。
撮影 陸太郎様

2019.3.3
ひ155 2018年6月投入の2PG-MP38FK(ひ155)で、
平塚ではタイヤホイールハブが黒塗り仕様となった最初のグループです。
平塚の2PG-代は既に25台にまで増えてきておりQKG-代に次ぐ勢力にまでなり、MP38そのものが70台を越してきたため平塚車全体の1/3がMP38になっています。撮影 ふみかい様

2018.8.13
ま40ま40 2018年8月投入の2PG-MP38FK(ま40)です。
町田も2PG-代は初登場となりましたが、新車も2016年6月以来2年ぶりとなりました。多摩新車同様にオリパラナンバーが選択されました(多摩230い40)。
2004年式のKL-MP37JKを置き換える形で今のところ1台のみの在籍ですが今後も増備が予想されます。
今年度の新車から外観ではホイールハブ黒塗りのほか、乗降方式に合わせ車外スピーカーが2個→1個へと集約される形となっていますが、
中乗り仕様が採用されている町田営業所に関しては、運賃【先払い】方式の前乗り路線が鶴川駅系統で存在するため(鶴01・鶴08・鶴10・鶴11・鶴13・鶴26系統)、スピーカーは従来の2個のままとなっています(位置そのものは2017年度までとは異なります)。
また、ドア横の「入口・出口」表示もサボ方式が継続されています。
撮影 MP38様

2018.8.13
ま40車外スピーカー ま40」の車外スピーカーです。
2017年度までの全車共通であった2個仕様ですが、町田仕様は位置は異なり前中ドア間に配置されています。
今年度の2PG-MPからスピーカーの仕様は3つの仕様が見られるようになりました。

2018.9.1
ま85 2018年8月投入の2PG-MP38FK(ま85)です。
町田では2台目となった2PG-代のエアロスターで、町田バスセンター構内で転回時の様子です。
撮影 ほくりく様

2018.9.1
た44 2018年8月投入の2PG-MP38FK(た44)です。
6月から毎月2台ずつの増備が続く多摩営業所の新車です。
撮影 スナイパー様

2018.9.17
ま99 2018年9月投入の2PG-MP38FK(ま99)です。
今年度の新車は5月から毎月連続入っており、町田に関しては8月に続いて3台目となりました。
撮影 MP38様

2018.9.17
あ34 あ34 タイヤホイール・前輪 タイヤホイール・後輪
2018年9月投入の2PG-MP38FK(あ34)です。
厚木北営業所へは昨年末から既に見られる型式ですが、厚木では初となり2004年式を置き換えています。
中乗り仕様ということでやはり2ヶ所あった車外スピーカは中ドアの左側1ヶ所のみとなっています。

2018.11.21
た57 2018年11月投入の2PG-MP38FK(た57)です。
多摩も増備が続き2PG-は12台目となりました。2004年式のワンステップ車を置き換える形で入り、多摩の路線車は再びノンステップバス率が100%となりました。
撮影 MP38様

2018.12.2
も139 も102 も102
2018年11月投入の2PG-MP38FK(も139・も102)です。
橋本営業所では2018年10月の新車から白色LED仕様の導入が始まりました(交通電業社製)。在来車も11月から改造が進んでいます。
神奈中の2PG-MPも2017年12月から導入が始まりちょうど1年が経過しましたが、その数も120台を超してきました。
撮影 わい様




2019

2019.2.26
き144 2019年2月投入の2PG-MP38FK(き144)です。
昨年11月に続き増備されたエアロスターで、「き144・き172」の2台を確認。これにより厚木北のUA452が型式消滅となりました。撮影 MP38様




2019.10.14
せ93 せ93 せ93 EDSS非常ブレーキボタン せ93 降車ボタン
2019年10月投入の2PG-MP38FK(せ93)です。
3月以来の増備となり今年度初めてとなるエアロスターとなりますが、9月に発売されたばかりの2019年モデルになります。
6月に入ったエアロエース同様に、エアロスターでも標準装備となった【ドライバー異常時対応システム(EDSS…Emergency Driving Stop System)】が搭載されたことが目新しく、それを示すステッカーが中ドアの右やリア社番付近に貼られており、車内に非常ボタンを備えます。搭載に関しては神奈中公式サイトでも告知のほかポスター(PDF)が掲載されています。
リアでは視認性を高めLEDテールランプが採用されています。降車ボタンは7月に多摩へ入ったポンチョ同様にオージ製のメモリーチャイムを装備。撮影 わんたろう様

2019.10.30
い69い69 2019年10月投入の2PG-MP38FK(い69)です。
伊勢原の新車は3月に入った同型式2台以来となり、10月は「い19・い26・い69」を確認しています。やはりドライバー異常時対応システム(EDSS)を搭載した新仕様です。撮影 RSL様




2021.7.23 Tweet
シェア
ふ4 藤77 藤沢駅北口〜江の島〜辻堂駅南口ふ4 藤77 藤沢駅北口〜江の島〜辻堂駅南口 2019年12月投入の2PG-MP38FK(ふ4)です。
2021年7月22日の海の日に臨時便として運行された【藤77 藤沢駅北口〜江の島〜辻堂駅南口】線で1往復を運行、当日は「ふ78」エルガとの2台口にて運行となりました。
写真は江の島入口交差点を行く様子です。撮影 佐藤雄紀様


2021.7.23
ふ4 藤77 藤沢駅北口〜江の島〜辻堂駅南口 藤77 江の島バス停 毎年海の日に限り運行 藤77 江の島バス停 藤77 藤沢駅北口バス停
こちらも復活した藤77系統による「ふ4」で藤沢駅北口での様子です。バス停の写真は藤沢駅北口と江の島バス停になります。
藤77と大磯駅〜江の島線の2系統共に『毎年海の日に限り運行』と記されています。撮影 みよばす様

2021.8.12
ふ4 2PG-MP38FK ふ4 2PG-MP38FK ふ4 藤77
2019年12月投入の2PG-MP38FK(ふ4)です。
藤沢の2PG-代エアロスターは6台が在籍、2019年式が2台、2020年式は4台の内訳でいずれも2019年度の新車になります。
写真は海の日に臨時運行された【藤77 藤沢駅北口〜江の島〜辻堂駅南口】線の運用時の姿になります。撮影 犬山いずみ様




2020

2020.3.26
は40 2020年1月投入の2PG-MP38FK(は40)です。
2017年12月から導入されているこの2PG-代も2年で確実に数を増やしており、秦野も20台を超え同営業所でも在籍数が最も多い型式となりました。撮影 RSL様

2020.4.29
ち84 2020年1月投入の2PG-MP38FK(ち84)です。
2019年度の茅ヶ崎は10月から今年3月にかけて5台のMP38が入りいずれもEDSS仕様で、エルガも並行投入されています。撮影 いそぶー様

2020.4.29
あ8 あ8 あ8
2020年3月投入の2PG-MP38FK(あ8)です。
2019年度の厚木は6台のEDSS仕様が入り、PJ-MPワンステ7台を置き換えノンステ率も5割を超えてきました。撮影 NJ929様

2020.9.6
は111 2020年3月投入の2PG-MP38FK(は111)です。
納入回送を捉えた貴重なシーンです。LED表示器やワンマン機器等は納車後、廃車となる旧は111から移設されています。
秦野の2019年度新車は10月から2020年3月にかけて13台のMP38が導入されました。撮影 D特急様

2021.5.9
お60お60 2020年3月投入の2PG-MP38FK(お60)です。
EDSSを搭載した舞岡向けの2019年度は11月から2020年3月にかけて12台が配属されました。舞岡のMP38はQKG-/2PG-代合わせて60台以上となり、大型ノンステップの半数を占めています。撮影 犬山いずみ様




2020.7.23
た20 2020年7月投入の2PG-MP38FK(た20)です。
2020年度初めてとなる新車の納入が開始され、多摩は2019年1月の「た48」以来の導入となりドライバー異常時対応システム搭載のEDSS付は初となりました。多摩・町田に5台ずつ計10台を確認しています。
3月までに入った2019年度車と外観上では差異は無さそうですが、引き続き両所共に東京2020オリパラナンバーで登録されています。撮影 わんたろう様

2020.7.23
あ8 LEDテールランプ非点灯時 あ8 LEDテールランプ点灯時 あ87 LEDテールランプ夕方点灯時 あ8 ゴールドキング製TSL-5R
2019年9月よりエアロスター2019年モデルが販売されておりEDSS搭載のほか、LEDテールランプが装備されるようになりました。
神奈中でも同年10月より導入が開始されていますが、そのLEDテールランプの非点灯、点灯時を比較です。
時間帯や撮影環境等で見え方も異なるので点灯時は2枚を用意しました。アップは非点灯時でゴールドキング製TSL-5Rの型番の文字も確認出来ます。

2020.7.23
い53テールランプ非点灯時い47テールランプ点灯時 こちらは参考程度に2016年式QKG-MP38FK(い53・い47)の非点灯、点灯時の様子を。

2020.8.10
ま124ま124 2020年7月投入の2PG-MP38FK(ま124)です。
多摩と共に5台ずつが入ったグループで、町田のMP38新車は2018年10月以来となり多摩同様にドライバー異常時対応システム搭載のEDSS付は初めてとなりました。撮影 わんたろう様

2021.5.19
た7た7 2020年7月投入の2PG-MP38FK(た7)です。
2020年度のエアロスター新車は7月に写真の多摩向けのほか町田のみへの計10台に止まり、近年でも最も少ない数となりました。撮影 TAKA@5150様

2020.8.10
き155・き178 MP38のデンソー製クーラーを比較です。左は2017年式のQKG-MP38FK(き155)、右は2020年式の2PG-MP38FK(き178)、です。


↑▲へ